top of page
検索

親知らずの虫歯。定期的なチェックで早期発見と適切な処置が大切です。

予防歯科は、健康的なお口まわりを維持する上で非常に大切な事です。 
特に、横向きに生えてしまった親知らずなどの状況では、早期の発見と適切な処置が重要です。 親知らずは、他の歯との配置の関係から、横向きや斜めに生えることがあります。 このような状態では、周囲の歯や歯茎に対して様々な問題を引き起こす可能性があります。

例えば、写真のように横向きの親知らずに深い虫歯があり、その虫歯が前の歯に移ってしまいました。 
この状態ではホームケアが難しくなります。
 今後使う事のない親知らずを早めに抜歯する事により今ある歯を守る事ができます。 予防歯科は定期的なクリーニングはもちろんの事、このような症状の早期発見や
適切な処置をご提案することができます。
症状が出る前に定期的なケア(予防歯科)を当院ではおすすめしております。

予防歯科についてのどのような些細な事でもお気軽にご相談くださいね。


Comments


bottom of page